天城・長九郎山

長九郎山 
         シャクナゲの山 
     2019年5月11日   伊豆HC22名参加
三島6.10=函南6.30=狩野川公園7.00=松崎=8.45宝藏院P
宝藏院P9.00―宝藏院9.05―大沢分岐10.30―10.55八瀬峠11.00―11.50長九郎山12.35―
―八瀬峠13.10―大沢分岐13.35―14.35宝藏院P

宝藏院P=三聖苑道の駅=狩野川公園=三島

 春霞の富士山を駿河湾の上に見ながら松崎に、
  そして「富貴野山21世紀の森」の案内板に沿って細く急坂の道を登る、
    22名の会員を乗せたバスは宝藏院の広い駐車場に着く。
画像

駐車場から石仏群を見て宝藏院境内に集合、
画像

  準備体操をして本堂の横から登山道に入る。 

杉の丸太で作られた階段を登り、杉の美林の中を暫く歩く、足下には小アジサイが多く見られる。
 
画像

緩やかに登り続け、50mほど下り少し登り返すと明るい尾根の大沢温泉への分岐に着く。
画像


ここからも平の道を歩き、健脚向と書かれた道標を見て急坂を登る。
僅かな登りを越えると八瀬峠に出る。 

八瀬峠には立派な林道が作られている、北側には富士山も見える。 
画像

八瀬峠からの坂を登り、
 坂がナダラカになると石楠花が現れる、濃いピンクの花を付けている
画像

、しかし今年は裏年なのか花の数が少なくい、

   蕾のついていない木も多く見られる。
画像

花着きが少なくても石楠花の花は見応えがある。

山頂に着く、山頂には3等三角点(995.7m)が置かれ、大きな展望台がある。
画像

 展望台からは十郎左エ門、万三郎岳、西伊豆山稜線等が見え、
    足下には何本もの花を付けた石楠花が見られる。 
画像


昼食・休憩を摂り登って来た道を戻る。

登りで見たより余裕があるのか多くの石楠花の花が見られる。
画像


八瀬峠から分岐を歩き、10分ほどの登り返しを歩く、あとはナダラカな下りの道、宝蔵院に戻る。

 
宝蔵院は空海(弘法大師)が密教の霊場として開いた古刹だが今は寂れている、
  樹齢400年の大杉や180体の苔ムシタ石仏群が並んでいる、一見の価値がある。

画像

 駐車場から林道を下り三聖苑道の駅に着く。



伊豆ハイキングクラブ
   会員募集中
     特に静岡県東部のハイキング愛好者
        会員になって一緒に歩きませんか。
TEL/FAX   055-979-5271
   TELは毎週木曜日 19-21時
   FAXは常時受け付け
会員希望の方、連絡ください、
  折り返し電話をします。

  詳しくはHPを
 http://www2.wbs.ne.jp/~izu-yama/index.htm

"天城・長九郎山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント